⼥性はお葬式の時ストッキングは肌⾊でも良い︖寒い⽇はタイツは良い︖

突然ですが、皆さんは普段、⾜に何を履いていますか?
ストッキング、タイツ、靴下……素⾜の⽅もいらっしゃいますよね。

ではお葬式の時は︖喪服には⿊のストッキング。では濃さは︖

今回は「⼥性はお葬式の時ストッキングは肌⾊でも良い︖寒い⽇はタイツは良い︖」といった疑問について考えてみましょう。

お葬式の時のストッキングについて

まず、お葬式というのは儀式です。⼊学式、卒業式、成⼈式……そのような式でカジュアルな装いはしないですよね。と考えるとお葬式の服装も考えやすいと思います。

お葬式で履くストッキングの⾊は基本は⿊です。ラメ⼊り、柄⼊りは避けましょう。
そして濃さは30デニール以下とされています。

「デニール」についてご説明します。

「デニール」とはストッキングの厚みをあらわします。デニールの数値が⾼いほど⾊が濃くなります。
ただしジャストサイズの場合です。⼤き⽬ですと濃くみえますし、逆に⼩さめですと薄くみえますのでご注意くださいね。

寒い⽇のタイツについて

こちらは寒い⽇に薄いストッキングより、ストッキングに近いタイツで良いと思いますよ。
お葬式は待ち時間も⻑く、⾜腰が冷えます。
ただしデザイン性が強いもの、カジュアルなものではなく⿊⾊60デニール以下がお薦めです。

お通夜の時の⾜元は︖

お葬式の時は、喪服なので⿊ストッキングは分かりました。

ではお通夜はどうでしょう。「平服でいらしてくださいね」と喪主の⽅からご連絡いただく場合もあると思います。お通夜は突然の訃報を聞いて駆けつけることが多いので、肌⾊トッキングでも良い、という考え⽅もあります。

しかし、コンビニエンスストアでもストッキングは購⼊できますから⿊ストッキングが無難かと思います。

そのほかの⾜元のマナー

では靴下、素⾜は・・・・

避けた⽅がよいですね。服装にもいえることですが、お葬式は肌を露出しない。というのがマナーです。
それを考えると、靴下は避けた⽅が良い、素⾜はNGですね。

ちなみに・・・ 男性は靴下で問題ありません。
しかし⾊は⿊、そして⻑さに注意しましょう。お葬式は肌を露出しないというのがマナーです。
リブソックス(⾜⾸までの短いソックス)は避けましょう。そして⻑さは⻑め。⿊無地が基本です。ポイントのないもの、五本指ではないもの、を選びましょう。

⼦どもは靴下で問題ありません。
⾊は⿊、紺、⻑さはひざ下までのものがお薦めです。⼦どもは⼤⼈ほどマナーに厳しくはありませんが、あまり派⼿なものは避けた⽅が無難ですね。靴下にワンポイントくらいならOKだと思いますよ。

まとめ

『⼥性はお葬式の時ストッキングは肌⾊でも良い︖寒い⽇はタイツは良い︖』

・ストッキングは⿊30デニール以下がお薦め。
・寒い⽇のタイツは、ストッキングに近い感じのものを。

でした。

お葬式は儀式である。そして「お葬式は肌の露出のないように」という観点から考えると
お葬式は⿊ストッキングを履く、ということも納得できるのではないでしょうか。

薄い⿊の透け感のあるもの、哀悼の気持ちを表現しているとも⾔われています。
私はお⾹典には薄墨と同じ考えかな。と、ふと思いました。

最後に
妊婦さん、ご病気を患っていらっしゃる⽅、ご⾼齢の⽅は、ストッキングが⾟い場合があります。
その際は参列される⽅は温かい⽬でお願いいたします。




記事一覧へ ▶


ページトップへ戻る